墓石の区別

日本では和型の墓石が主流となっているのです。外国に行けば様々な墓石がありますが、日本の墓地では大部分が和風のものとなっていて、近頃では洋風のお墓が増えている墓地も見られますが、全部が和風になっている墓所も多くなっていて、とりわけ地方に行くとそのような景色をしょっちゅう見かけるのです。
墓石とは故人の本名などを彫って、墓地の上に建立する石を言います。最近は背の低い西洋式の墓石が人気で、値段も廉価なために皆に選ばれていますが、いずれにせよ石柱に故人の名前や命日などが刻まれます。同じ墓に別の人間が入ったら、墓石に新たに亡くなった人の名前が掘り出されます。

浄土真宗や臨済宗など数多くの宗派がありますが、それぞれで墓石に描く文字などが変わってくるものなのです。けれども親御さんから墓石を引き継がないケースでは宗派を持っていない人達も多くいて、そのような人の場合は墓石に自分の好きな文字などを刻んでも構わないのです。近頃では自分自身で死ぬ前に用意する人も多く、好みの文章を書き入れることもあるということです。
大まかに分類した場合、墓石製作に必要となる経費は3種類になります。墓石そのものの費用に加えて墓地の使用料、管理料金の3種類になります。ちなみに墓石そのものの料金も3つに分かれており、石の代金、付属品の料金、施工料の3種類になります。この手の料金を総計し墓石全体の代金が出てきます。
近頃またたく間に増えてきたのが洋風の墓石となります。昔からの和風の墓石に比べて格好良く見えるのが洋型の墓石の利点で、中でも若者が新規でお墓を買う場合に洋風の墓石を選択するケースが多くなっています。しかしながら全体的には依然として伝統的な和型のお墓の方がかなり多いのです。

もともと石工も存在しなかった日本です。墓石など存在すらしませんでした。しかしながら、平安の仏教伝播と時を共にして墓石の伝統も入りました。その風習がもっと下って江戸になると庶民にまで広まりました。江戸以降は今に至るまで、こまごまとしたトレンドの変化はあるにせよ、文化はきちんと残っています。
素人目にはお墓の石に利用されている石の材質などほとんど判別が無理かもしれないですが、実際の石は大ざっぱに分類して3つに分けられます。マグマが冷えて固体化した火成岩、海底に積もって固まる堆積岩、高い温度や高い圧力で生まれる変成岩の3種類です。どれもさらに分類できますが、大まかに説明するとその3種です。
可愛いペットのお墓を購入する方が相当増えているようです。最近では最後まで独身でいる人が多くなっていることもあり、家族としてペットを可愛がると言う人が急激に多くなっていて、そのせいでペットが他界した場合にはかなり悲しがるという人が多くいて、ペットを忘れないためにも墓石を購入するようです。